リバウンドなしのダイエット運動


ダイエットで成功経験のある方、リバウンド経験もありませんか?

ダイエットをすると、かなり高い確率でリバウンドしてしまいます。
一度痩せた体を保つには、どうしたらいいのでしょう?

ダイエット後にリバウンドをしない運動について考えてみましょう。

痩せた後にも太りにくい体作りをするには、基礎代謝のアップが重要です。
基礎代謝を上げることこそが、太りにくい体の秘訣なのです。

脂肪を落とすだけではなく、筋肉をつけることによって基礎代謝を高められます。
筋肉を鍛える運動が、『無酸素運動』です。

「筋力トレーニング」がよく知られていますが、「ダンベル体操」もそうです。
毎日、少しずつ、筋肉に負担をかける簡単な運動を続けることが必要です。
「100メートル走」や「重量挙げ」などは、一般の方ではなかなかできません。
息をとめるような無酸素運動なので、おススメもできません。

女性でも手軽にできる静的運動が良いでしょう。
静的運動とは、走ったり歩いたりして体を激しく動かすものではありません。
体を固定して行なう運動です。

静的運動には2種類があります。
 ・押したり引いたりして筋肉の収縮を持続させるタイプ
 ・筋肉を繰り返し使うタイプ

どちらのタイプでも筋肉を強くすることに効果的です。
1日数回、1セットを、毎日続けてみましょう。

太りにくい体作りには、「ストレッチ」や「腹筋運動」などで、お尻、お腹、腕、足の筋肉を鍛えることが大切です。
「ウォーキング」などの有酸素運動と合わせて、無酸素運動で筋肉を鍛えることが最も効果的です。
もっと情報を→ダイエットブログランキング

運動ダイエットでの消費カロリー


運動してダイエットしている方は、自分が行なっている運動の消費カロリーを知っていますか?
消費カロリーを知らずにダイエット運動を行なっている方が多いようです。


運動してもなかなか痩せない…」とお悩みの方のために、日常生活や運動の消費カロリーをご紹介します。

■ 日常生活での消費カロリー

男性と女性とでは、体の大きさが違いますから、もちろん消費カロリーに差があります。
しかし、女性が好きな『立ち話』や『身支度』などの簡単なことでも、結構なカロリーを消費しています。
『入浴』でもかなりのカロリーを消費します。

びっくりしたのが「家事」の消費カロリーです。
『洗濯物干し』や『アイロンがけ』では、通常の歩行よりたくさんのカロリーを消費しています。
普段何気なくやっている「家事」でもダイエットになるのですから、気合入れてやってみましょう。


運動での消費カロリー

断トツにカロリーを消費するのは、男性限定で『水泳(クロール)』です。
女性で多いのは、『ランニング』です。
男性と女性で、また運動方法によって、消費カロリーは変わってきます。
男女どちらでも、水泳での消費カロリーはとても多いです。
クロールはもちろん、平泳ぎでもいいダイエットになります。
水の抵抗が影響しているのでしょう。


このように、動作や運動の種類によって消費カロリーは違います。
自分の目標を把握して、食事制限をするなら、摂取カロリーについてもよく調べてダイエットの計画を立てましょう。
もっと情報を→ダイエットブログランキング

プロテインダイエットと運動の関係


プロテインダイエットを知っていますか?

プロテイン』というと、筋肉ムキムキの男性が飲んでいるイメージがあるかもしれません。
しかし、プロテイン運動を組み合わせると、筋肉を鍛えられることはもちろん、ダイエットにもなります。

プロテインダイエット』についてご紹介します。

プロテインとは、アミノ酸がたくさん結びついた大きな分子です。
プロテインを水に溶かすことなく栄養にするためには、消化してアミノ酸に分解しなければ腸から吸収できません。
消化の負担も大きいです。

本格的なプロテインダイエットをするなら、体重×2gのプロテイン摂取が目安です。
軽いダイエットなら、体重×1〜2gのプロテイン摂取が丁度です。

プロテインを飲みすぎると、内臓を痛めます。
その上、プロテインを多く摂ったからといって効果が出やすいというわけでもありません。
十分注意してください。

食事の内容にもよりますが、運動をしないでプロテインを飲むと、タンパク質過剰になってしまう場合が多々あります。
タンパク質が過剰になると、脂肪として体内に溜まります。
脂肪にならなかったタンパク質は、尿となって排出され、腎臓に大きな負担がかかります。

食事とプロテインで、どのくらいのタンパク質を摂取しているか確認しながら飲みましょう。
そうすれば、タンパク質過剰を回避できるかもしれません。
運動をしてない人で体重×1g、運動をしている人で体重×1.5g、アスリートで体重×2gが目安です。

ダイエット効果があるプロテインの飲み方は、次の通りです。
・トレーニング後30分経ってから
・就寝30分前

プロテインdeダイエット! 〜プロテインで美しさと健康をゲットするための情報満載〜 のトップへ

もっと情報を→ダイエットブログランキング


運動しないダイエット『キャベツダイエット』


ダイエットはしたいけれど運動が苦手な方。
運動をするのが大嫌いな方。
忙しくて運動する時間が作れない方。
そういう方に朗報です。
運動をしないダイエットもありますよ。

ダイエットに適度な運動は必要です。
しかし、運動なしでダイエットしたいという方もいるでしょう。

運動しないダイエットを代表して『キャベツダイエット』をご紹介します。

キャベツダイエットとは、食事の前に決められた量のキャベツを食べて噛む回数を増やすことによって、満腹中枢を刺激するダイエット方法です。
満腹中枢を刺激すると、その後には、いつも食べている食事の量がお腹に入っていかなくなります。
ですから自然に痩せられるのです。

キャベツダイエットは、京都市立病院の吉田医師が推薦する方法です。

キャベツにはビタミンA・B1・B2・C・E・K・ナイアシンなど、ほとんどのビタミンが含まれています。
ミネラル分も多く、カルシウム、リン、カリウム、鉄、マグネシウムも含まれています。
また、キャベツにはビタミンCが多く含まれているので、キャベツの葉を2〜3枚食べれば、一日に必要なビタミンCを摂ることができます。
美肌効果もあるとなると、女性には嬉しいですね。


■ キャベツダイエットの方法
5センチ角のざく切りにしたキャベツ1/6程度を、毎食前に、10分程度の時間をかけて食べます。
それに合わせて、一日70gのタンパク質を摂ってください。

軽い運動と合わせるのがやはり理想的なのですが、どうしてもという方は、キャベツダイエットを試してみてください。
もっと情報を→ダイエットブログランキング


ヴァームと運動でダイエット効果


ヴァームというドリンクをご存知ですか?

薬局やスポーツジムには必ずと言っていいほどヴァームが売られています。
ドリンクだったり、粉末だったり、いろいろなタイプが売られています。

ヴァームとは、どんな飲み物なのでしょうか。
ダイエットにはどんな効果があるのでしょうか。

今話題の『ヴァーム』を詳しくご紹介します。

ヴァームとは、17種類のアミノ酸をバランスよく配合したスポーツ栄養ドリンクです。
この17種類のアミノ酸バランスは、運動と組み合わせると体脂肪を効率よく燃焼させる特徴があります。

ヴァームを飲んでから運動してください。
すると、体内の糖質より先に体脂肪が燃焼するので、持久力と集中力がアップします。
体のメカニズムから考えて、一番体脂肪が燃焼されやすいのは、空腹時です。
ですから、空腹時に運動を行なうと、効率よく体脂肪がエネルギーに使われるのです。
運動前にヴァームを飲めば、効率的な脂肪燃焼を助けます。

運動前のいつヴァームを飲んだら一番ダイエットに効果的なのでしょうか。
決められた時間はありません。
体を動かす前の、負担の少ない時に飲んでください。
運動の直前でもいいのですが、ヴァームを飲んですぐに運動すると、胃が重くなるという方もいます。
ですから、運動の20〜30分前位にヴァームを飲むのがいいでしょう。

ヴァーム運動とを組み合わせることによってダイエット効果が得られるのですから、「ヴァームを飲めば痩せられる」ということではありません。

日常生活で脂肪を効果的に燃やしたい方は、家事や買い物の前などにヴァームを飲むといいでしょう。
もっと情報を→ダイエットブログランキング


ダイエット運動に効果的な時間帯とは


ダイエット運動が欠かせないということは、広く知られています。
しかし、一日の中でいつ運動するとダイエット効果が高いのかは、あまり知られていません。
ダイエット効果がもっとも出やすい時間帯というのは、存在するのです。

ダイエット運動に効果的な時間帯をご紹介します。

運動に効果のある時間帯と一口に言っても、どんな理由で運動しているのかによって、効果的な時間帯は変わってきます。

エネルギーをより多く消費して体脂肪を燃やしたい方は、早朝や午前中に運動すると効果的です。
早朝の体が目覚めてすぐの時間帯は、交感神経のはたらきが活発です。
ほかの時間帯に同じ運動をするより、エネルギー消費量が多くなるのです。
夜間と比べると、エネルギー消費量の差は10%もあります。

朝食から昼食までの時間が昼食から夕食までの時間よりも短いのは、午前中のエネルギー消費量が多いためなのです。
エネルギー消費量が多いと、早くお腹がすきますね。
早朝や午前中に運動をすると、交感神経のスイッチを早く入れることができます。
ですから、代謝を高め、脂肪を燃焼しやすい体が作れるというわけです。

筋力や基礎代謝量を上げたい方は、夜間の運動が効果的です。

脂肪も落として筋力もつけたい方は、朝と夜に20分ずつ運動するといいでしょう。
筋力トレーニングやジョギングなどの本格的運動ではなくても、買い物や家事で体を動かすだけで、十分効果があります。

ぜひお試しくださいね。
もっと情報を→ダイエットブログランキング


ダイエットと運動の関係とは


ダイエット運動は欠かせません。
しかし、運動が嫌いな方は、食事制限だけで痩せようとしますね。
食事制限だけでも確実に痩せはしますが、「ダイエット運動が必要」と言われているのには理由があるのです。
それは何なのでしょうか。

ダイエット運動の関係についてご紹介します。

ボストン大学で実際に行なわれた減量プログラムの実験です。

体重約100kgの肥満の男性72人を2つのグループに分け、8週間にわたって実験を行ないました。
ひとつのグループは、特別運動はしませんでした。
もうひとつのグループは、週に3回の運動を行ないました。
その運動の内容は、20分間のウォーキングから始め、最後の週には45分間に8.9kmのジョギングをするまでになりました。
どちらのグループも、1日1000kcalの食事を摂りました。
体重100kgの方々にとっては、かなり厳しい食事量でしょう。

無事に8週間が終了したとき、食事制限だけのグループは平均9.2kg減りました。
運動をプラスしたグループは、平均11.9kg減りました。
2.7kgしか差がなく、「そんなものか」と思った方も多いでしょう。
しかし、できあがった体は、まったく違うものでした。
体重は同じ程度落ちても、運動をしなかったグループは、ぷよぷよの体のままこじんまりとした感じになりました。

ぷよぷよの体では、ダイエットの意味がありませんね。
週3回の運動を加えただけで、筋肉のつき方も、体の引き締まり方も、全然違ったのです。

体重を落とすことよりも、体を絞ることの方が大切です。
やはり、ダイエット運動は欠かせませんね。
もっと情報を→ダイエットブログランキング


ダイエット運動のベストタイミングは朝


ダイエットは、なるべく効率のよいタイミングでしたいものですね。
ダイエット運動のベストタイミングは「朝」なのです。

昨年あたりからよく耳にする、メタボリックシンドローム。
メタボリックシンドローム対策のダイエットにも、効果的なタイミングがあります。

人が眠っているときは、体の代謝が最も下がっています。
ゆっくり休息できるように、睡眠中は体の代謝が下がるようになっているのです。

朝になり、目が覚めると、代謝機能がだんだん上がります。
そして、活発な活動をする昼間に対応していくわけです。

朝に目が覚めて起きた直後は、最も代謝が低いので、起床直後に運動を始めるといいのです。
睡眠中に下がっていた代謝が、一気に上がることになります。
そのまま、高い代謝で一日をずっと過ごせるので、食事で摂取したカロリーを効率よく燃やせます。
ダイエット効果が出やすくなるのです。

というわけで、朝にジョギングやウォーキングをする習慣をつけることがおススメです。
運動によるカロリー消費だけではなく、その後も代謝が上がったままの状態で一日を過ごせるからです。
朝の通勤時に、バスや車を使わず駅まで歩く程度の運動でもいいでしょう。

同じ量の運動をするなら、効率よくダイエットできる「朝」に運動するほうが賢いですよね。
朝に汗を流すのはとても気持ちが良いですし、代謝のいい状態でその日一日を過ごすことは、ダイエットのみならず健康面でもとても良いことです。
もっと情報を→ダイエットブログランキング

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。