産後ダイエット運動とは


妊娠中に太ってしまった体は、出産してもすぐには戻りませんね。
母乳で赤ちゃんを育てていると、自然に体重は減っていきます。
しかし、やはり積極的に運動も取り入れて、健康的に痩せましょう。

産後の運動ダイエット をご紹介します。

■ ヨガ
ヨガには、骨格を整える効果があります。
加えて、育児中の運動不足の解消にもなります。
また、精神的な心のケアにも役立ちます。

妊娠中はお腹に赤ちゃんがいるので、姿勢や歩き方に気を遣うものです。
その姿勢をずっと続けてしまうと、骨盤がゆがんでバランスが悪くなります。
骨格のバランスが悪くなると、腰痛や肩こりなどの症状が出てきます。

ヨガで体を整える運動をしましょう。
徐々に妊娠前の正常な骨格に戻すことができます。
運動不足の解消にもなるので、気分もよくなります。

■ ピラティス
ピラティスには、体の代謝を上げ、姿勢をよくする効果があります。
筋肉運動で、脂肪を燃焼させるのです。

育児中は、始めのうちは外にも出られないので運動不足になりがちですね。
小さい子供がいるのでスポーツもできないという方に、ピラティスがおススメです。

ピラティスはリハビリの一環として始まったエクササイズです。
筋肉のバランスを本来のものに戻しながら、健康的に行なうことができます。
子供が寝ているちょっとした時間に、ピラティスをしてみましょう。
忙しいママにもピッタリの運動です。
もっと情報を→ダイエットブログランキング

効果的なダイエット運動メニュー


ダイエットのための正しい運動とは、どんなものなのでしょうか?
どのような運動を組み合わせれば、効果的に痩せられるのでしょうか?

効果的なダイエット運動メニューを調べてみました。

ダイエットの成功の秘訣は、「食事療法」と「運動」を併せて行なうことです。
運動は、絶対に欠かせません。
ダイエットに効果的な運動は、「有酸素運動」と「無酸素運動(筋力トレーニング)」を組み合わせたものです。
両方とも行なうことで、効果が出るのです。

しかし、毎日両方とも行なうよりも、有酸素運動と筋力トレーニングを1日交替で行なったほうが効果的です。

有酸素運動は、早足ウォーキングを30〜40分程度行なうのがいいでしょう。
しかし、1日目からこんなに歩くと疲れてしまって続けられないかもしれません。
慣れてから徐々に時間を増やしていくようにしましょう。

普段から運動不足の方は、特に自分のできる範囲から始めてください。
身体が慣れていけば、楽しみながら歩けるようになってきます。

筋力トレーニングは、「腕立て伏せ」「スクワット」「腹筋運動」を組み合わせてください。
物足りない方は、「バックエクステンション」「バックキック」「膝上げ」「カーフレイズ」なども行ないましょう。

筋力トレーニングは、その時に使っている筋肉を意識しながら行なうことが大切です。
また、正しいフォームで行なわないと、筋肉を痛めることがあります。
筋肉を効果的に鍛えられないこともあります。
正しいフォームを身につけて筋力トレーニングを行ないましょう。
もっと情報を→ダイエットブログランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。